読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毛穴クレンジング秘訣はリベラリズムを超える!? 

美容マニアが美容・健康情報と、毎日の出来事をなんとなーく書きためてます。

ヒマをもてあましてすべすべ素肌を作る対策の要点を書いてみる。

それはそうと私は「よく聞く高機能成分セラミドにはメラニンの産生を抑制し、日焼けによるシミやそばかすを予防する効果的な美白効果と肌への保湿で、ドライ肌やシワ、肌のざらつきなどの肌の悩みを阻止する優れた美肌機能があります。」のようにいわれているらしいです。

本日色々調べた限りでは、「セラミドは肌を潤すといった保湿能をアップさせたり、肌より不要に水分が飛んでしまうのを食い止めたり、外界から入る刺激あるいは細菌などの侵入を阻止したりするなどの働きを担っているのです。」のように提言されているようです。

なんとなく検索でみてみた情報では、「セラミドは肌の表面にある角質層の重要な機能を守るために必要不可欠な成分のため、老化した肌やアトピーでダメージを負った肌にはセラミドの継続的な補給はできる限り欠かしたくないものの1つだと断言します。」だと公表されているようです。

素人ですが、検索でみてみた情報では、「セラミドは肌の角層内において、角質細胞の隙間でスポンジのような役割で水や油分を保っている存在です。肌だけでなく髪の瑞々しさの維持になくてはならない働きを担っていると考えられます。」だと結論されていと、思います。

ところが私は「今日に至るまでの研究で得られた知見では、このプラセンタには単純な栄養補給成分の他にも、細胞が分裂するのを巧みにコントロールできる成分が存在していることが発表されています。」だと考えられているとの事です。

私が文献でみてみた情報では、「化粧水を塗る際に、100回もの回数手を使ってパッティングするという話を聞いたことがあるかもしれませんが、このようなことはやめた方がいいです。肌が過敏な状態の時には毛細血管を痛め「赤ら顔」という状態の呼び水となります。」だと提言されているとの事です。

なんとなくサイトでみてみた情報では、「水以外の人間の身体のおよそ50%はタンパク質で構成され、そのうちの35%前後がコラーゲンです。コラーゲンの持つ重要な役割とは身体や臓器などを構築する原材料になる点です。」だという人が多いようです。

素人ですが、書物でみてみた情報では、「通常は市販されている美容液などの化粧品や健康補助食品・サプリに使用されているプラセンタは馬や豚の胎盤を原料としているものが主なものです。安全性の点から他の動物由来のものと比較して、馬の胎盤や豚の胎盤から作られるものが現在のところ最も安心できるものです。」な、解釈されているらしいです。

その結果、成人の肌のトラブルのきっかけの多くはコラーゲンが十分に足りないことだと言われています。肌のコラーゲンの量は年をとれば減少し、40歳代に到達すると20歳代のおよそ50%くらいしかコラーゲンを合成することができません。」と、結論されていと、思います。

そのために、 肌に対する効果が表皮のみならず、真皮部分まで届くという能力のある希少なエキスということになるプラセンタは、表皮の古い角質の剥離を活性化させることにより透明感のある白い肌を作り出すのです。」のように解釈されているとの事です。